弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

遺産分割調停と遺産分割の話し合い

  • HOME »
  • 遺産分割調停と遺産分割の話し合い

pixta_20587776_s

遺産分割調停と遺産分割の話し合い

遺産分割調停をいきなり申し立てる人は少ないです。実際には、遺産を分割する際に、まずは家族・親族で話し合う必要があります。ここで隠し事をする・又はしていると相手に受け止められると、協議がまとまらなかったり、揉める原因となります。下記に家族で話し合う遺産分割の目安を示します。また、遺言書を預かっている方はまずこれを提示しなければ話し合いの前提が覆ってしまいますので、必ず遺言書を他の相続人・兄弟に見せましょう。

話し合いで決着がつかない場合には、遺産分割調停という調停の場で遺産の分け方を話し合い、そこでも合意に至らない場合には、裁判官が遺産の分け方を判断します(遺産分割の審判)。

それでは具体的に、遺産分割の話し合いはどのように行えばいいのでしょうか。

(1)被相続人の財産について全て開示する。

相続財産のリストを作ります。

預貯金、現金、不動産、株、出資金など被相続人の財産をリストアップして相続時の金額を横に書き込みます。
その時一番困るのは不動産の評価であると思われますが、不動産屋さんにお願いして査定をしてもらう事を勧めます(不動産の評価の時期についてはこちら)。固定資産の評価額だと少し割安になっていますので、ネットなどで市場価値を調べて補正しても良いかと思います。

また、負債についても、リストアップして遺産分割の中で話し合うのがベストです(遺産の調査)ここで不動産の固定資産税や生前の被相続人の未払いとなっている所得税などもリストアップしてください。

なお、被相続人の生前の預金について、生活費を預かり管理していた人はなるべくこれも開示した方が良いです。これを隠していると必ずトラブルになります。

そして、被相続人のために幾ら使ったかなどの説明をする方が後々もめないコツです(預金の不正取得についてはこちら)。

(2)相続の順位や相続持ち分を確認する。

相続人の順位や相続持分の割合を確認します。(相続の順位・持分の割合についてはこちら

(3)どうしても使わなければいけない不動産を先に分ける。

そこに住んでいるなどの理由で、先に分けなければいけない不動産を各相続人に割り振ります。

(4)残った財産を分ける。

不動産の分、多く相続財産をもらった人は、お金を代わりに払う(代償金の支払い)、負債を引き受けるなどして公平な財産の分配をするように心がけます。

(5)遺産分割協議書を作成する。

遺産分割協議書の作成についてはこちら

 

(6)どうしても話し合いがまとまらない時は?

どうしても話し合いがまとまらない時には、裁判所に遺産分割調停の申立を起こすことになります。調停自体は本人さんで申立をして手続きをすることが出来ますが、実際には非常に難しい法的な手続きなので、弁護士に一度は相談してください。

相続人以外の親族が入ってくるとますます紛争が長期化することも有ります。また当事者間の話し合いでは声が小さい人が不利・不公平な案を押し付けられることも有ります。弁護士に依頼すれば公平な遺産分割の実現に助力することが出来ます。また親族間の精神的な対立も避けることが出来ます。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事例紹介・お客様の声・コラム

スマートフォンサイトQRコード

弁護士法人ニライ総合法律事務所 Info

TEL : 098-988-0500
平日 9:00~18:00
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.