0096

第1 法律相談料

法律相談料 30分5500円(税込み)
調停・裁判を起こされている方 初回無料法律相談
遺留分減殺請求をする方
初回無料法律相談

第2 遺産相続の弁護士費用(ご依頼人数に応じて一人当たりの着手金の割引あり)

着手金 遺言無効確認訴訟・遺留分減殺(請求されている側) 1事件につき44万円(税込み)※8期日まで。8期日を超える場合は、追加で1期日毎に3万3000円(税込み)
※依頼者が増えると料金が頭割りになります。例4名で遺産分割調停を起こす場合→40万円÷4=一人10万円
遺産分割調停
預金引き出し・使途不明金返金請求(調停・訴訟)
遺産範囲確認訴訟
遺言作成 22~44万円(税込み)
遺留分減殺請求権(請求する側) 着手金無料 0円
成功報酬 遺産分割調停 得られた経済的効果を基準

300万円以下→17.2%
300~3000万未満→13.2%+13万2000円
3000万円以上→6.6%+211万2000円

預金引き出し・使途不明金返還請求
遺言無効確認訴訟
遺産の範囲確認訴訟
遺留分減殺請求(請求されている側)
遺留分減殺請求(請求する側) 上記+22万(税込み)

第3 遠方への日当(全て税別)

遠方への日当は1日あたり、以下の額とする。(交通費別途)

  • 沖縄県本島のうち恩納村,うるま市以北(両市含む)への出張 2万2000円
  • 沖縄県離島、県外への出張 3万3000円

第4 その他

事件経費とは、委任事務の処理にあたって要した費用(予納金、印紙代、郵券代、交通費等)を言い、弁護士報酬とは別にその実費分を請求するものとする。

(1)予納金

(2)印紙代

(3)送料(郵券代等。当事者間の書面の発送に要する郵券代も含む。)

(4)交通費(事務局含む)

自家用車で出張した時の交通費は下記表に定めることとする。
そのうち、ガソリン代については、当事務所所在地を始点とし目的地までの距離が10kmを超えた場合に発生するものとする。

ガソリン代 10円/1km
高速道路料金 実費
駐車料金 実費

例えば、那覇地方・家庭裁判所沖縄支部、沖縄簡易裁判所(以下「沖支部」)へ行く場合のガソリン代の計算は以下のとおりとなる。

当事務所(那覇市西)より沖支部までの距離:約31km

31km×10円=310円 310円×2(往復分)=620円

その他出張時の交通費(飛行機、公共交通機関等の費用)は、その実費分とする。

(5) 上記費用のほか、委任事務の処理にあたって要する費用