弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

生前贈与と特別受益

  • HOME »
  • 生前贈与と特別受益

pixta_12616710_s

生前贈与と特別受益

第1 生前贈与は相続財産にどういう影響を与えるの?

生前贈与があった場合、実際の相続の取り分にどのような影響があるのか、生前贈与があれば生前贈与を受けた人はその分全て相続分から差し引かれるのでしょうか、下記で詳しく説明します。

第2 生前贈与と特別受益の関係

「生前贈与」のうち、相続財産の前渡しと評価されるような贈与で、相続の算定に影響を与える贈与が「特別受益」です。生前贈与のうち相続財産を先にもらっていると評価できる場合は、その贈与は「特別受益」として、その分相続分が少なくなります。

生前贈与が「特別受益」であると認められる場合にだけ、生前被相続人から相続人が特別な受益を受けた分だけ相続分の前渡しとして、計算上贈与を相続財産に持ち戻して(加算して)相続分を算定します(民法903条)。

 

例えば、生前被相続人から毎月少しずつお小遣いをもらった人などは、「生前贈与」を受けたとは言えますが、相続財産の前渡しとまでは評価できないため「特別受益」には当たらないため、実質的な相続財産の分配に影響しませんが、多額のお金を貰った人はこれが特別受益と評価されれば、その分、実質的な相続財産の受け取りが少なくなります。

第3 「特別受益」の制度趣旨

特別受益の制度趣旨は、共同相続人の中に、被相続人から遺贈をうけたり、生前に贈与を受けたりした者がいた場合に、相続に際して、この相続人が他の相続と同じだけの財産を相続することは不公平であることから設けられています。

第4 生前贈与のうち特別受益の計算の仕方

具体的な相続分の計算方法としては、まず、相続開始の時に有していた積極財産(債務を控除しない)に、相続人が受けた贈与の額を加算して「みなし相続財産」を確定します。

【例えば、相続開始時の財産は1000万、借金が100万、特別受益にあたる贈与が200万だとすると、みなし相続財産は借金を無視して、相続開始時の財産1000万+特別受益200万の1200万となります。】

次に、このみなし相続財産に各共同相続人の相続分を乗じて一応の相続分を算定し、特別受益を受けた者は、この額から特別受益分を控除して、その残額をもって具体的相続分を決めます。

【例えば子供ABⅭの3兄弟で遺産を分ける場合、1/3ずつの相続分ですから、一応の相続財産はみなし財産1200万×1/3=400万円ずつとなります。この額から、例えばAさんだけ既に200万円もらっているとすると、Aさんは、一応の取り分400万から特別受益200万を引いた200万円が具体的相続分、BさんⅭさんは400万円となります。】

この特別受益は、不動産などの場合数千万円になる場合もあり、この主張が認められるかどうかで遺産分割調停の結果が大きく変わってきます。

しかし、これを効果的に主張するには経験と技術が必要です。特別受益の主張をする場合または主張を受けた場合には是非弁護士にご相談ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事例紹介・お客様の声・コラム

スマートフォンサイトQRコード

弁護士法人ニライ総合法律事務所 Info

TEL : 098-988-0500
平日 9:00~18:00
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.