弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

財産上の給付の寄与分

被相続人に対し,財産上の利益を給付する場合です。

被相続人の事業と無関係になされたものであっても,寄与分が認められる場合などがあります。

典型的なものとしては,共働きの夫婦のケースなどです。共働きの夫婦の一方が,一方名義の財産を残して(仮に夫名義での財産であるとします。),亡くなった場合だと,その財産は,働いてきた妻の収入も利用して購入されたものである訳ですから(実際には妻の収入は生活費として使用されているだけであったとしても,その分,夫は収入を全て財産の購入に回せたという意味では,財産の増加に寄与したものといえ),その財産については,妻の収入と夫の収入を対比した上で,寄与分が認められることになる訳です。

例えば,妻が夫と,ほぼ同じ額の収入を得て,ローンを支払っていたにも関わらず,共同で購入した家を夫名義にしていた場合などは,その家について5割程度の寄与分が認められるということになるかと思われます。

寄与分

ニライ総合法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事例紹介・お客様の声・コラム

スマートフォンサイトQRコード

弁護士法人ニライ総合法律事務所 Info

TEL : 098-988-0500
平日 9:00~18:00
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.