ニライ法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

寄与分の計算の仕方

kaigo_syokujikaijo_man
例えば,親が亡くなった場合,親の面倒を見た,あの時,助けてあげたということは相続人であれば,皆が主張することも多いため,何をもって寄与があったとするのか,また,どのように計算するのか,その計算方法が重要となります。

まず,民法上,寄与があったとされるのは,

(1)被相続人の事業に対する労務の提供。
(2)財産上の給付。
(3)被相続人の療養看護

が典型的な例です。

他にも
(4)どのような態様によるかは問わず,被相続人の財産の維持・増加について特別の(夫婦の協力扶助義務や親族の扶養義務の範囲を超えるような)寄与がある場合も寄与があるとされます。

あくまでも,被相続人の財産の維持・増加について,特別の寄与があるとされる場合に限られるということです。

また,寄与分に関しては,遺産分割の手続きの中で,相続人同士で決めることも出来ます。ですが,相続人同士で争いが生じた場合に寄与分の額を認めることが無い事も多く,その場合は裁判所による審判で定めてもらうことが出来ます。
以下にそれぞれの場合について,裁判所においては,どのように計算を行うかを見ていきます。

寄与分

ニライ法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事例紹介・お客様の声・コラム

沖縄ニライ法律事務所
離婚相談サイト
スマートフォンサイトQRコード

ニライ法律事務所 Info

TEL : 098-988-0500
平日 9:00~18:00
PAGETOP
Copyright © ニライ法律事務所 All Rights Reserved.