突然,母の遺産分割請求の申立書が届き、しかも内容があまりにも一方的すぎたものでした。

どうしたらいいのかわからず、弁護士事務所を3~4ヵ所周りましたが、かんばしい回答は得られませんでした。

途方に暮れていた時、古賀先生との出会いがありました。古賀先生の事務所に相談にいきますと、丁寧に話を聞いて下さり「わかりました。」ということになり、当然遺産の半分はこちら側のものですという話をされました。

その後の調停では、相手方の理不尽な要求にも的確に反論し、法律的に追及ずべきところは追及し、一歩もゆるぎませんでした。おかげで先生の言った通りの形で調停が成立しました。

それまでの間、私たちはいろいろ不安もありましたが無事解決がつき、今では感謝のしようもないくらいです。